淋病に関するQ&A

淋菌による尿道炎を起こすのは男性が多いのはどうしてなのでしょうか?

おしっこをしたときに今まで感じたことがないような刺激とも受け取れる痛みを感じたら、びっくりすると同時に何事が起ったのかと思う人がほとんどです。大抵の場合、おしっこをしたときの痛みはある日突然始まるので、何病?と思うのも仕方がありません。

しかし性行為の後のこの排尿痛に関しては良くあるもので、症状が出た場合はすぐに泌尿器科や婦人科を受診した方が良いです。性行為のあとのおしっこの痛みは、ほとんどが性行為によって相手からもらったばい菌や細菌が原因です。特に淋菌をもらって淋病を発症した場合は特徴的な痛みと症状があります。

淋菌は性行為によって感染して、感染した場所で炎症を起こすことが特徴です。そのため、特に男性の場合は、男性器の中でも先の方にある尿道口から淋菌が入り込みやすく、尿道に増殖しやすいので、尿道炎を起こすことが多いわけです。女性の場合は膣内でも頸管付近への感染が多く、あまり尿道炎を起こすことはありません。

そう考えると淋病によって起こり得る尿道炎は男性が多いと言うことになり、その症状の代表的なおしっこをするときの痛みは、男性特有のものとも考えられます。尿道炎では、おしっこの出始めのとき、焼け付くような強い痛み、浸みるような強い痛みのように表現されることが多い強い痛みがあります。

そして淋菌に感染している場合は、白から黄色っぽい色の粘り気のある膿が出ます。尿道炎は比較的強い痛みで気づきやすいものです。淋菌に感染しているかどうかは男性なら膿が出ていればほぼ確定ですから、すぐに泌尿器科を受診しましょう。

関連記事

  1. 男女ともにおしっこのときの痛みは早期対処することが重要となるのが…
  2. 排尿痛を起こす原因はさまざま、普段から免疫力の強化をしよう
  3. 男性の排尿痛は放置してはいけない!その痛みが淋病のサインかもしれ…
  4. 性病の検査をしてもらう時は病院?それとも保健所?性病検査するため…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP