淋病に関するQ&A

性病の検査をしてもらう時は病院?それとも保健所?性病検査するための手段は3つあるので自分の状態や事情によって選ぼう

●自分が性病に感染したのではないかと思ったときには
体の異常感じるというようなことや、実はパートナーが性病に感染していたといったような事態に直面した場合、もしかしたら自分は性病に感染しているのではないだろうかと不安な日々を過ごすことになってしまいます。そのような事態にならないためには面倒くさがらずに、しっかりした検査を受けた方が、心も体も平穏な生活を送ることができます。

性病に感染しているのではないかと思った時に検査する手段は3つあります。

・病院に行く
これは最もポピュラーな方法でしょう、病院で性病の検査して欲しいとお願いすればスムーズに検査を受けられます。泌尿器科や産婦人科、小児科や皮膚科など、それぞれの性病に対応した診療科があるので自分がどの科にいくべきか調べてから行った方がそれだけスムーズに事が進みます。

しかしながら、性病の検査を病院に頼ると検査料や初診料などの診察代がかかったり、あまりにも不安で性病の症状が無い時点で病院で検査を受けようとすると、保険が適用されない場合が結構あります。しかし、病院で検査をしてもらえると感染したという結果が出た場合には、そのままスムーズに治療に入ることができます。

・保健所に行く
保健所の性病検査は基本的に無料で、さらに助かるのは自分の名前を言わないでも検査をしてくれるということです。しかしながら、保健所というのは、 HIVを中心に検査を行っているので、幅広い性病検査に対応しているわけではありません。また病院の様に、ほとんどの時間で人を受け入れているわけではなくて、全国の保健所ごとに検査が行われている日時は違います。

検査が行われる日程は大体1週間から2週間に1回で、また行われる時間もほとんどが昼間で、人数制限もあります。

・検査キットを使う
最近浸透し始めてきている検査方法は検査に必要な器具をセットで購入して、血液や粘膜の1部を自分で器具を使って採取して、その後の検査機関へ送ったらそこで検査されて結果が分かるという方法です。まだ本当に性病がわからないが気になるという人は、誰にも知られずに昼間に時間をあけずに手軽に検査ができるので普及しつつあります。

関連記事

  1. 排尿痛を起こす原因はさまざま、普段から免疫力の強化をしよう
  2. 淋菌による尿道炎を起こすのは男性が多いのはどうしてなのでしょうか…
  3. 男性の排尿痛は放置してはいけない!その痛みが淋病のサインかもしれ…
  4. 男女ともにおしっこのときの痛みは早期対処することが重要となるのが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP